PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タミヤ フェアレディZ(Z33)痛車けいおん 製作記 その4

研ぎ出し完了。
コンパウンドで磨き終わりました。
110127.jpg
昨日との違いがわかりますでしょうか?

よく聞かれるのですが、


基本的に段差消しの段階から順にペーパー1200番→1500番、Mr.ラプロス#6000→#8000、タミヤコンパウンド3種。場合によってはさらにハセガワのセラミックコンパウンドを使っています。

肝となるのはMr.ラプロスだと思います。1500番の磨きキズをラプロス#6000、#8000で完全に消すことができます。
今までペーパー2000番で水研ぎしていましたが、ラプロスは布なのでペーパーよりも曲面に良く馴染み、磨き残しが減りました。

| タミヤ フェアレディZ(Z33)痛車けいおん | 22:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。