| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アオシマ ラブプラスFD高嶺愛花 製作記 その1

今日から、アオシマの「ラブプラス FD3S RX-7」製作記を始めます。
ラブプラスFDは過去に3台(3種)作りましたが、今回はノーマルボディのブルーカラーになります。
ちなみにオークション用ではありません。

前回は3台の製作がゴチャマゼになっていたので、製作記がやや見にくかったと思いますが、今回は1台の紹介なので多少見やすいかと。

では早速製作の方を。
まず最初に、ボディに歪みがあり、シャーシの下にもぐりこんでしまっていたので、プラ板で押さえを作りこれ以上下がらないようにしました。
100829_1.jpg

次に車高調整。上の写真がノーマルで下がローダウンです。
古いキットで、4輪とも微妙に高さがずれているので全て現物合わせです。
100829_2.jpg
100829_3.jpg
スポンサーサイト

| アオシマ ラブプラスFD高嶺愛花 | 19:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アオシマ ラブプラスFD高嶺愛花 製作記 その2

フロントバンパー周りの製作です。
キット状態
100901_1.jpg

ウインカー部を開口し、裏からパテで凹部を作ります。
フォグランプは今回も切り離してあとから自作して取り付けます。
スポイラーはプラ板で大型化。白地なのでわかりにくいですね。
100901_2.jpg

| アオシマ ラブプラスFD高嶺愛花 | 23:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アオシマ ラブプラスFD高嶺愛花 製作記 その3

前回製作したバンパーをボディに取り付けます。
断面にパテを持ってから合わせて、ムニュっとさせます。
隙間にもパテを詰めて、一度完全なフラット状態にします。
100904_1.jpg

本来のパネルライン上に線を書き、そこをスジ彫りします。
100904_2.jpg

ボンピンを仮置き。

| アオシマ ラブプラスFD高嶺愛花 | 23:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アオシマ ラブプラスFD高嶺愛花 製作記 その4

ボディの続きです。
サイドミラーの付け根にスジ彫りを一周追加。
100908_1.jpg

アオシマFDはサイドウインカーの位置が左右で違うので高さを合わせます。
ピンバイスで目印の穴を開けておいて、最後の別パーツ化したウインカーを貼ります。
100908_2.jpg

ウイングはノーマルの物を使います。
接続ピンが一切無いので各部を真鍮線で接続するように加工。
100908_3.jpg

| アオシマ ラブプラスFD高嶺愛花 | 23:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アオシマ ラブプラスFD高嶺愛花 製作記 その5

リアスポイラーのディテールが省略されているので追加しました。
100912_1.jpg

サーフェイサー→キズ処理→サーフェイサーをキズがなくなるまで繰り返します。
100912_2.jpg

サフ作業まで完了。
100912_3.jpg

| アオシマ ラブプラスFD高嶺愛花 | 21:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。